イタリア のおすすめレストラン調べてみました。

イタリア 海外旅行

イタリア のおすすめレストラン調べてみました。
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

<メニューについて>
1)イタリアのレストランの食事の流れ                                  
アンティパスト 前菜。魚介のマリネやハム類などが中心。量的には少ないのが普通 。        
プリモ・ピアット 第一の皿。パスタ、リゾット、スープ類。
セコンド・ピアット 第二の皿。いわゆるメインディッシュ。
ドルチェ 果物や、タルト、ケーキ類。
カフェ エスプレッソなど。
ディジェスティーボ  グラッパGrappa(ブドウの絞り粕を使った蒸留酒)又はアマ―ロAmaroと呼ばれる薬草を浸した苦味の強い食後酒。
これはあくまでメニュー上のパターンであり、食べきれないものを無理に注文する必要はない。

2)注文のコツ
席についてメニューを確認した後今日のお勧めや、お目当てのものが無い場合それができるかどうか尋ねても良いだろう。レストランのタイプに関わらず、 意外とわがままを聞いてくれるものだ。注文は上記のメニューパターンの上から下へ流れていけば、途中を抜かしたりしても問題はない。 どういう組み合わせであれ、通常イタリアでの食事と言うものは、2皿程度は最低でも頼むのが普通 と考えたい。 又、量的にどれくらいになるか創造がつかない場合、パスタ類まで頼んでおいて、その後はあとで決める、というのがイタリア人も良くやる方法だ。

3)ワイン選び
メニューが決まったらワイン。もちろん無理に頼む必要はない。 これも特にソムリエなどがいるレストランではあれこれその土地のものやお勧めなども聞いて見たい。 予算がある場合はその旨をはっきり伝えて。品数が多すぎて厄介、飲めれば良いと言う人もいるだろう。迷わずハウスワイン (ヴィーノ デッラ カーザ Vino della Casa)を注文すると決めておいても良いだろう。因みに白はビアンコBianco、赤はロッソRossoだ。無難な選択であることは確かだ。

4)支払い時、退出
チェックの合図は万国共通。手でサインをする真似をすればわかってくれる。因みにイタリア語では「イルコント ペルファヴォーレ Il conto per favore」。 日本と違って、さっさと持ってくるわけではない。(それは早く追い出しているようにならないよう、という気使いであったりする。)時間はかかるものと考えて早めに頼むこと。 勘定にはコペルトCopertoと呼ばれる席料が入っている。 その他読みにくい場合が多いのが厄介だが、わからない点ははっきり聞こう。 チップはサービス料が既に入っている場合は特に払う必要はない。あくまで気持ちであるから料理、サーヴィスが気に入ったのなら5%から10%ぐらい、或いは端数を切り上げる形で小額を残してもおいても良いだろう。 サーヴィス料が加算されていない場合は10%程度だが、これもはっきりとした基準は無い。 カードでの支払いの時は、合計欄とその一段上が空欄になって出てくる。チップを払う場合はその上の段にチップの金額を記入して、合計欄も埋める。

出典 http://www.japanitalytravel.com

ローマの休日 広場の上のレストラン

トスカーナのレストランランチ

イタリア人と言えばとにかく恋愛に対して積極的。
シャイな日本人からすると大胆すぎるイタリア人ですが彼らの文化では当たり前の感覚です。

初めて会った人とも5分も話せばキスし合える仲というほどオープンな性格です。
小さいことにはくよくよせず自分の意見をストレートに伝えてくるので日本人とは違い分かりやすい民族だと思います。

日本人女性は世界の男性に人気があります。
イタリアにもし旅行に行くことがあれば一度よく観察してみても楽しいかもしれませんね。

素適なフィレンツェ郊外のレストラン

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ