行かないと後悔する【ギリシャ 世界遺産】5選

世界遺産 ギリシャ 

行かないと後悔する【ギリシャ 世界遺産】5選
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

1 メテオラ

ギリシャ メテオラ

修道院の歴史

メテオラの険しい地形は、俗世との関わりを断ち祈りと瞑想に生きるキリスト教の修道士にとっては理想の環境と見なされ、9世紀には既に、この奇岩群に穿たれた洞穴や岩の裂け目に修道士が住み着いていた。この時代の修道士は現在のような修道院共同体を形成することはなく、単独で修行する隠修士が主流であった。
メテオラに修道院共同体が成立したのは、14世紀、セルビア王国がセサリア地方に勢力を拡大してくる時代であるといわれる。それまで東ローマ帝国で修道院活動の中心を担っていたアトス山は、1346年にはセルビア領の中に組み込まれた。セルビア王ステファン・ウロシュ4世ドゥシャンはアソスの修道院に多大な保護を与え、その活動を奨励したが、当時の戦乱を避けて多くの修道士がアソスを出て南下し、メテオラに住み着いた。その一人が修道士アサナシオスで、彼はメテオラに主の変容(メタモルフォシス)修道院を創立した。アサナシオスはアトスに於ける修道院共同体の様式、いわゆるキノヴィオン(共住)を導入して修道院共同体の確立に努めた。これらに前後して、聖ニコラオス、聖ステファノスなどの修道院も創立されている。

出典 http://ja.wikipedia.org

2 ミケーネとティリンスの古代遺跡群

ミケーネとティリンスの古代遺跡群

世界遺産の登録基準

(1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
(2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
(3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
(4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
(6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。

出典 http://ja.wikipedia.org

3 バッサイのアポロ・エピクリオス神殿

バッサイのアポロ・エピクリオス神殿

古代ギリシャ地方の遺跡で現在のギリシャのメッシニア県北東部(キパリシア)の北東、南、西にある。
【バッサイ】は岩々の小さな谷間を意味する。

紀元前5世紀の半ばの「アポロ・クリオス神殿」が良好な保存状態で残っている

この神殿は古代ギリシャの主要なポリスからは地理的には離れているが
変わった特色を多く持っていることから

古代ギリシャの神殿の中では最もよく研究されている部類に入る

「バッサイ」のこの神殿はギリシャの遺産の中で最初に登録されている。

その健三は紀元前425年に位置付けることができる

(建造と装飾)
神殿は南北方向に揃えられておりその正面入り口は北側にある
ギリシャ神殿の大半は東西方向に揃えているのとは対照的である

このようになった理由としてはいくつかの理由が考えられている
例えば山の斜面に作ったことによる立地上の制約であるとか
山すそから巡礼者が仰ぎ見る際の視覚的効果を意識したなどがある

(再発見と発掘)
考古遺跡としての「バッサイ神殿」について最初に言及したのは
フランス人建築家ジョアシャン・ボシェで1765年11月の事であった

彼は「ザンテ」に別荘を建てていたところでその責任者となったのは全くの偶然だった
ただしかれは2度目の調査に戻ってきた時に暴漢たちに殺されてしまった

チャールズ・コックレルとハラ―・フォン・ハラ―シュタインはアイナギで彫像救い出していたが
彼らがバッサイで更なる成功を目指したのは1811年の事だった

翌年コックレルとオットー・。マグヌス・フォン・シュタッケルベルクの指揮で発掘が始まり
いくつかの部分が出土した

出土品にはザンテで大英博物館が落札することになる
フリーズも含まれていた

この遺跡については注意深く描かれたスケッチも存在していたが
それは海中に没した
フリーズの彫刻家はまず1814年にローマで出版され
1820年には大英博物館が公式資料を刊行した

<Wikipediaより抜粋>

4 「ダフニ修道院」「オシオス・ルカス修道院」「ヒオス島のネア・モニ修道院」


ダフニ修道院、オシオス・ルカス修道院、ヒオス島のネア・モニ修道院」は、東ローマ帝国時代中期に建設されたギリシャ正教の3つの修道院から構成されるギリシャの世界文化遺産です。地理的にはなれた3つの修道院は建設時期をほぼ同じくしています。

ダフニ修道院、オシオス・ルカス修道院、ヒオス島のネア・モニ修道院

ダフニ修道院
アテネ近郊のダフニにある修道院。修道院の設立に関する書類は全く残っていないため、知られていることはほとんどないが、中央聖堂のモザイクの様式から11世紀の設立と考えられている。中央聖堂は、複合型スクィンチ式の教会堂で、成熟した中期ビザンティンのモザイクを見ることができる。
オシオス・ルカス修道院
中央ギリシャ地方・ヘリコン山の麓にある修道院。9世紀に現れた奇跡を起こす克肖者ルカのために建設された。中央聖堂は、複合型スクィンチ式の教会堂であるが、それに付随するかたちで4円柱式内接十字型の教会堂、生神女聖堂(テオトコス聖堂)がある。建物としては生神女聖堂の
ダフニ修道院、オシオス・ルカス修道院、ヒオス島のネア・モニ修道院」は、東ローマ帝国時代中期に建設されたギリシャ正教の3つの修道院から構成されるギリシャの世界文化遺産です。地理的にはなれた3つの修道院は建設時期をほぼ同じくしています。

ほうが古い。ダフニ修道院と同じく、建設の経緯などの資料は全く残っていないが、生神女聖堂は恐らく966年に、中央聖堂は1048年に完成したものと考えられる。
ネア・モニ修道院
東エーゲ海のヒオス島にある修道院。他の2つの修道院と異なり、建設の経緯や年代がある程度判明している。その起原は、ヒオス島の修道士ニケタスとヨアンニスが、追放中であったコンスタンティノス・モノマコスが皇帝になると予言し、後に彼がコンスンティノス9世として即位したことに始まる。コンスタンティノス9世は、2人のために修道院を建設し、莫大な寄進と多くの特権を与えた。こちらの中央聖堂は、単純型スクィンチ式教会堂と呼ばれる形式である。

出典 http://ja.wikipedia.org

5 アトス山

アトス半島(アクティ半島)は、マケドニア地方からエーゲ海に突き出したハルキディキ半島から分かれる3つの半島(ギリシャ語では「足」と表現する)のうち、最北東の「足」にあたる。この半島は、古くは「アクテ」(古代ギリシア語: Ακτή)と称された。アトス半島の幅は8kmから12km、長さは約40kmで、面積は385平方キロメートル程度である。
アトス山はアトス半島の先端に位置し、その標高は2033mに達する。アトス山から連なる峻険な稜線によって形成されるアトス半島の海岸は、ほとんどが崖か岩場から成り立っている。緑も深く、中世からの自然がほとんど手つかずのまま残っている。

出典 http://ja.wikipedia.org

アトス山
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

月別アーカイブ